reconstruction DT50
2012年1月1日
DT50ロカ岬Portugal改が完成しました。まだパーツが付いていない部分もありますがおおまか出来ました。形としてはDT50XかDT50SMあたりの形にしたいと言う要望で作りました。完璧に形を同じと言うわけには行きませんでしたがこんな感じになりました。一番困ったのはDT50ロカ岬もDT50もシュラウドは付いていない・・息子はどうしてもシュラウドをつけたいと言うのでDT50にシュラウドを付ける・・・これが一番困ったところです。最終的には何とか形にはなりましたが実際には見た目だけのシュラウド・・・さらにロカ岬をどうやって残そうか・・・と考えてサイドカバーはそのままにしました。
残るパーツはアンダーガードとブッシュガードなどなど、現在外観だけを変えただけで基本の部分は変わっていないので元通りに戻すことが出来ます。とりあえず売ることは無いのですが今回の改造のコンセプトは元に戻せるです(^^;それにしても6vは最近とっても部品が手に入りずらいように思えます。DT50は6vなので色々加工しなければならず困りました。
DT50の改造もこれでほぼ終り、あとは部品をちょっとつけてしまえば完了です。今回一番成長したのが塗装、コツがやっと掴めました。きれいに塗装するのが苦手だったのですがこれでなんとかなりそうです。
DT50Xもどき(^^;本物は国内では見つける事が出来ずまねして作る事になりましたが、実際にDT50XやSMって発売も終わってしまったみたいですね、国内で売れば売れるようなきもするんですが・・・
DT50ロカ岬改DT50Xもどきに改造するのに一番気を使ったのがシートとリアフェンダーの角度です。シートから伸びるようにリアフェンダーをつけたかったのでけっこう苦労しました。長さも試行錯誤してこの長さに決めました。本物とは比べようも無いけれどとりあえず妥協できるかな・・・・
今日はとっても寒かったのでこれにて終了・・・DT50ロカ岬改もあとは付属品のパーツを取り付けて終了!
DT50 reconstruction


戻る

Copyright (C) freedcby's All Rights Reserved.


inserted by FC2 system